2015年08月19日

パチスロ北斗の拳強敵のスペック考察

スロット北斗の拳強敵はAT純増2.8枚となかなかの高純増のスペックです。
そして新基準となった本機は1000円あたりの回転数は44Gも回る高ベースとなっています。
これだけの情報で見るとかなり優れた機種だとおもうかもしれませんが、初当りの確率がその分重めにになっています。
初当りの確率が設定1で1/433、設定6でも1/292という数値から見る限り、なかなか当たらないという状況の時間もかなり長くなりそうな予感です。

本機は、天井機能もあります。
ですが天井は1600Gということもありそこを狙っていくことはかなり現実的ではないですし、恩恵もAT当選のみとなっているだけなので、
もし途中から打つ場合は天井はあまり頭に入れずに、初当りの確率が良い台を選んで打つことをおススメします。

スペックに関しては機械割、初当りというところはデータ公表されていますが、まだまだ細かいところは公開されていません。
ホール導入に近づくにつれて公開されていくこととは思いますが毎週のパチスロ誌やネット情報をチェックするべきですね。

またパチスロアプリも配信が決まったそうで、サミー777タウンで開発中だそうです。
アプリのリリースはホール導入後となりそうですが、実機同様の仕様とスペックで遊べるので攻略アプリとしても使えそうです。

>>>北斗の拳強敵アプリはこちら



Posted by アプリファン at 12:59│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。